DIARY

2018.06.27

「ライター」の立ち位置

最近よくする話。 編集者やライターというのは基本的にプロジェクトの最底辺。若い人は、それをわかった上でライターを目指したほうがよい。 基本的には最底辺だったんだけど、ヨッピーさんや柿次郎さんやカツセさんやさえりさんの

DIARY

2018.06.26

朝散歩2

月曜から、朝から一時間ほど近所を散歩して陽の光を浴びる。 まだ梅雨だけれど、バリバリ太陽が出ていて、これはもう「夏」と呼ぶしかない。 午後にこの文章を書いているけれど、エアコンをガンガン使っている。 「

DIARY

2018.06.25

叩かれる人

「叩かれる」は物理的にではなくて、「ネットで叩かれる」のほう。 叩かれる人は、自信がない。 自信のなさが見えると叩かれる。 それは……いじめられっ子と同じ構造。 そうなると、やっている内容、言っている内容はもはや

DIARY

2018.06.24

6月23日の夜

くいしんBBSの飲み会(オフ会)でした。 最後、なぜかみんなでプリクラを撮る流れに……。 楽しかったです。まる。 島田先生@shunsuke12261 が撮ってくれました。僕はエブリデニムの兄弟はふたり

DIARY

2018.06.23

いや、めちゃくちゃ捗った。今日(22日)は捗った。 朝、歩くと、すごく仕事が捗る。よい。 朝、歩こう。

DIARY

2018.06.22

今日、朝、一時間くらい、家の近所を散歩した。 ShimoQuiRadioで「運動してないとヤバいっすよ」みたいな話になったからだ。 朝歩いて一日が始まったので、すごく気持ちがいい。 身体も軽い。

DIARY

2018.06.21

最近やってること

タスクを分解して細かくアウトソースしつつ仲間を増やしていく作業。 そして自分は、本当に集中するべき原稿に超絶集中したい。 入稿や、写真を差し込む作業とか、すべて誰かにやってもらいたい……。 助けてくれる

DIARY

2018.06.20

「やりたいこと」「好きなこと」

中川淳一郎さんの『夢、死ね!』という本があるけれど、そろそろ「やりたいこと、死ね!」「好きなこと、死ね!」も言いたい。 「やりたいこと」「好きなこと」なんか全然なくてもいいし、生きていける。 やりたいことじゃなくても

DIARY

2018.06.19

人はみんな悩んでいる

人はみんな悩んでいる。 人はみんな幸福になりたい。 だから今はみんな、何がしんどいのか、何が辛いのか、徹底的に考え続ける。 悩みやしんどさを解決してあげられることを考える。 これが「仕事」の正体であり、「企画」に

DIARY

2018.06.18

ある週末

金土日と吉祥寺で飲んでいたので、部屋が荒れている。 月曜の朝に掃除機かけたり、物を片付けたり、整理整頓。 僕は「編集」とはひとことで言うと「整理整頓」だと思っています。 よって、そういう時間が好きだった

お金の限界が見えつつある世界で。または文化の時代について

「金が正義」という経済の時代の終わりが本格的に見えてきたことによって、ビジネスや広告を主軸に働く人でさえも、「文化の時代」を意識し始めた。 文化とは“人の心の集積”である。「人の心」とは、愛、美意識、信念、矜持、

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。 もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には分かってもらえると思うが、彼らの楽曲はあまりに難解で複雑だ。