DIARY

2018.07.03

人類はみな弟子

「人類みな兄弟」って誰が言ったか知らないけれど、「人類みな弟子」でもある。

DIARY

2018.07.02

親密性

ストレングスファインダーで親密性が2位だったので最近よくそれについて考えてる。 親密じゃない人とコミュニケーションとるのがどうしてもストレスなので、だからオンラインコミュニティにもイベント(や懇親会やワークショップ)に

WORKS

2018.07.01

くいしんの活動実績まとめ【2018年6月】

くいしん、2018年6月の活動実績です。 公開された記名記事は、2本でした。 ライターから編集者へとシフトしていく中で、記名原稿は減っています。 6月7月8月は、毎月20本前後の記事をつくることになって

DIARY

2018.06.30

人間を評価するときにどこの軸を評価するか

人間を評価するときにどこの軸を評価するかは、人それぞれ違う。 100人いたら、100人の軸があって、似通ったものだとしても微妙に違ったものだと思う。 「人それぞれ違う」ということを、常に受け入れている人間でいたい

DIARY

2018.06.29

歴史にとって「事実」はさして重要ではない

歴史にとって「事実」はさして重要ではない。 語り継がれることが歴史である。 歴史は簡単にすりかわってしまう。 語ることのできる者とは、残った者である。 忘れずにいたい。

DIARY

2018.06.28

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて

DIARY

2018.06.27

「ライター」の立ち位置

最近よくする話。 編集者やライターというのは基本的にプロジェクトの最底辺。若い人は、それをわかった上でライターを目指したほうがよい。 基本的には最底辺だったんだけど、ヨッピーさんや柿次郎さんやカツセさんやさえりさんの

DIARY

2018.06.26

朝散歩2

月曜から、朝から一時間ほど近所を散歩して陽の光を浴びる。 まだ梅雨だけれど、バリバリ太陽が出ていて、これはもう「夏」と呼ぶしかない。 午後にこの文章を書いているけれど、エアコンをガンガン使っている。 「

DIARY

2018.06.25

叩かれる人

「叩かれる」は物理的にではなくて、「ネットで叩かれる」のほう。 叩かれる人は、自信がない。 自信のなさが見えると叩かれる。 それは……いじめられっ子と同じ構造。 そうなると、やっている内容、言っている内容はもはや

DIARY

2018.06.24

6月23日の夜

くいしんBBSの飲み会(オフ会)でした。 最後、なぜかみんなでプリクラを撮る流れに……。 楽しかったです。まる。 島田先生@shunsuke12261 が撮ってくれました。僕はエブリデニムの兄弟はふたり

お金の限界が見えつつある世界で。または文化の時代について

「金が正義」という経済の時代の終わりが本格的に見えてきたことによって、ビジネスや広告を主軸に働く人でさえも、「文化の時代」を意識し始めた。 文化とは“人の心の集積”である。「人の心」とは、愛、美意識、信念、矜持、

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。 もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には分かってもらえると思うが、彼らの楽曲はあまりに難解で複雑だ。