エレベーター

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

マンションに住んでいるので、ほとんど毎日エレベーターに乗る。

誰もいない自宅のエレベーターに乗ると、毎回考えてしまうことがある。

乗るとき。

「この扉が開いたとき、そこに死体が転がっていたらどうしよう」

降りるとき。

「この扉が開いたとき、マシンガンで撃たれたら逃れようがないな。死ぬ」

なんのイメージか知らないけれど、本当に毎日こんなふうに思っている。

これは、僕だけなんでしょうか?(笑)。

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて