幸福のハードルは低いほうがいい

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

しもくいラジオで話した幸福についての話を、しもつが会社のブログに書いてくれました。

これは以前、Web編集者のくいしんさんがおっっしゃっていたことなのですが、日本人は「幸せ」のハードルがめちゃくちゃ高いと。
また、常に幸せでポジティブな状態を望む人が多いけれど、くいしんさん本人は「幸せな時期」も「不幸な時期」も生きていたら自然とどちらも訪れるので、その状態を受け入れるしかない、ともおっしゃっていました。

「幸福」の話をし始めると、すぐに「不幸を無しにすること」の話にしたがる人がいますが、僕は幸福ってそういうことじゃないと思います。

不幸は必ずある。それを理解して、受け入れることだと思います。

「不幸だっていいんだよ」って思います。

不幸は排除するもんじゃないです。

幸福と一緒に寄り添ってくれているものです。

お金の限界が見えつつある世界で。または文化の時代について

「金が正義」という経済の時代の終わりが本格的に見えてきたことによって、ビジネスや広告を主軸に働く人でさえも、「文化の時代」を意識し始めた。 文化とは“人の心の集積”である。「人の心」とは、愛、美意識、信念、矜持、

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。 もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には分かってもらえると思うが、彼らの楽曲はあまりに難解で複雑だ。