【サウナ探訪】わたしは鍵をなくした

TAG :

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

先日、サウナへ行くと、おじさんが鍵をなくしたらしく、店員さんに訴えていた。

「わたしはロッカーの鍵をなくしてしまった。ペナルティがあるはずだ。ペナルティがあるだろう?」

おじさんはロッカーの鍵をなくしてしまったため、お金を払って解決したい様子だった。

しかし、店員さんはこう言う。

「いえいえ、ペナルティは結構です。鍵はほとんどの場合、あとで出てきますので。今日のところは、お支払いをしていただく必要はございません」

なぜかおじさんは納得がいかない様子だった。

「ペナルティ、ないのか。ペナルティがあれば払うのだが。ないのであれば、致し方ない……」

おじさんは少しさみしそうな顔をして帰っていった。

なぜおじさんはお金を払いたかったのだろうか。

サウナに申し訳ない気持ちだったのだろうか。

わからない。

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて