歴史にとって「事実」はさして重要ではない。

語り継がれることが歴史である。

歴史は簡単にすりかわってしまう。

語ることのできる者とは、残った者である。

忘れずにいたい。