QUISHINCOM[クイシンコム]

COLUMN

2017.11.18

『andymori』|185,000字andymoriレビュー(2/6)

(初出:2014年10月) 2009年2月発表の、記念すべきファーストアルバム。後のアルバムと比べてみれば一目瞭然だが、モラトリアム的な感性で描かれる曲が多い。文学的というか、暗喩を用いすぎているきらいはあるが、そ

TAG :

TALK

2017.11.15

2014年のandymori

andymori雑談vol.3(初出:2014年10月11日)     くい 前回は『宇宙の果てはこの目の前に』の話をして、復活したらどうなるのか、って話でした。 田中

TAG :

TALK

2017.11.14

『宇宙の果てはこの目の前に』で見えたandymoriの新しい一面

andymori『宇宙の果てはこの目の前に』雑談3/3(初出:2013年10月11日)     くい つまり、アンディモリのまったく違った面が見えたアルバムになったっていうこ

TAG :

TALK

2017.11.13

小山田壮平とThe Whoピート・タウンゼントとの相似性

andymori『宇宙の果てはこの目の前に』雑談2/3(初出:2013年10月11日)     くい 飛び降り仲間としてね(笑)。で、元くんは『宇宙の果てはこの目の前に』が素

TALK

2017.11.12

andymoriの解散発表から『宇宙の果てはこの目の前に』まで

andymori『宇宙の果てはこの目の前に』雑談1/3(初出:2013年10月11日)     くい その後のアンディモリについてです。前回までは、アルバム『光』が発売されて

COLUMN

2017.11.11

西野カナの圧倒的な作詞技術とそれを活かす音楽ジャンル

西野カナの最新作が凄い。2015年第一弾シングルとして4月29日にリリースされた“もしも運命の人がいるのなら”は、たしかにその大半がいわゆる「白馬の王子様待ち」の心情を歌ったものだ。ネット上では「今度の西野カナは、出会っ

TAG :

TALK

2017.11.09

小山田壮平は「言葉」じゃなくて「歌」の人

アンディモリ4thアルバム『光』雑談第四回。 各記事へはこちらから。 (1)andymoriには、一貫したメッセージ性がない (2)andymori『光』は一つの方向に向けてつくられてる (3)andym

TAG :

TALK

2017.11.08

andymoriの“FOLLOW ME”と「ララララ」

アンディモリ4thアルバム『光』雑談第三回。 各記事へはこちらから。 (1)andymoriには、一貫したメッセージ性がない (2)andymori『光』は一つの方向に向けてつくられてる (3)andym

TAG :

TALK

2017.11.07

andymori『光』は一つの方向に向けてつくられてる

アンディモリ4thアルバム『光』雑談第二回。 各記事へはこちらから。 (1)andymoriには、一貫したメッセージ性がない (2)andymori『光』は一つの方向に向けてつくられてる (3)andym

TAG :

TALK

2017.11.06

andymoriには、一貫したメッセージ性がない

僕の記憶によればこの雑談は2012年の9月に収録したはずである。つまり『光』が発売した後の話であり、アンディモリのフロントマンである小山田壮平さんが起こした合法ハーブ騒動や、解散宣言、その後の自殺未遂が起きる前のことだ。

TAG :

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて