今日は僕のほうが、お話を聞きましょう

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

飲み会でも、恋人との時間でも、なんでもいいんですけれど、「今日は僕のほうが、お話を聞きましょう」という日と、「今日は僕のほうが、話を聞いてもらいたいんです」というときがあると思います。

 

これは、誰でもあるんでしょうか?

 

ちょうど、半分半分でいきましょう、と考えている人も、多いんでしょうか。

 

僕は、インタビューを仕事にしている都合で、「聞きましょう」というスタンスの日が多いのですが、たまーに、「聞いてもらいたいんです」という日もあります。ほとんどの場合、結局、途中で聞いていることが多いんですけど。

 

じゃあ聞いてもらいたい日、はどういう日かと考えてみると、その日の気分というわけではなく、そこにいる人、話し相手に、何か話をしたいことがあるときなんでしょう。

 

何かしらのテーマを持って、この人に、こういう話をぶつけてみたい、そう思ったときだけたまに、「聞いてもらいたいんです」が発動するんです。

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて