「矢沢永吉モデル」

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

矢沢永吉は、年間シングルトップ10に入ってくるような楽曲をボンボンつくっているわけではない。

にも関わらず、毎年武道館等の大箱で複数日ライブをやって、たくさんの動員がある。

チケット代の売上が大きいわけではなく、タオルの売上が大きい。

かといって、ファンはもちろん「タオルを買うのが一番の楽しみ」というわけではない。

矢沢の姿をライブで観たいし、その歌を聞いて、タオルを振り回して、矢沢と一体化したいわけである。

一体化するための必須アイテムが、タオルなわけである。

矢沢のファンは、タオルを買っているのではない。

矢沢を買っているのである

矢沢を観る時間を、共に過ごす時間を、一体化する体験を、買っているのである

ちなみにこのモデルを真似しているのが、他でもない、ほぼ日である。

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて