「ウェブでは偏愛を発信すべし!」にハマれない

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

ウェブでは偏愛を発信すべし!みたいな話がいまいちピンとこない。

偏愛自体が嫌いとか苦手というわけではないけど、偏愛だけでものをつくっても、少なくとも自分の場合はやっていておもしろくない。

それはなぜかって考えてたんだけど、つまり雑誌が好きというなのかも。対象物を毎月消費していくある種の雑誌的な軽薄さのほうがおもしろい。

自分は編集・ライターのキャリアが雑誌スタートだったので、雑誌編集者的な頭の構造になってる。だから「偏愛で突き抜けるんだ!」というような話を聞いたときに、はて、と思ってしまう。

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて