「友人」とは

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

僕の中で「友人」と定義するハードルは高くて…。

これまでは一緒に仕事をしたことがあったら、それは「仕事仲間」であって「友人」ではない、という考えだったんです。

僕は基本、年下でもほとんどの場合敬語で話すのですが、それはカッコつけているわけでもいいように見られたいからでもなんでもなく、単に「仕事仲間だから」という理由なんです。

しかしつい最近周りの経営者とかの言葉を聞いたりFacebookの投稿を読んだりする中で、一緒に仕事をしたことのある経営者仲間のことを「友人」と言っているのに立て続けに遭遇しました。

僕としてはカルチャーショックみたいなものがありました。

「あっ、そこ、友人なんだ!」という感じで。

ただ、これって素敵だなーと腹落ちした自分もいまして。

「友人」という言葉をもっと広くとらえてみてもよいのかなと思ったのでした。

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて