純粋な人が評価される時代になった

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

「ずるい人」「(立ち回りが)上手な人」とかではなくて、「純粋な人」が素直に、純粋に、評価されるようになったんだと思います──。

先日、飲み会で上記のようなことを言っていた方がいまして。

いや、本当に深く頷きました。

「ああ、そうだ、まっすぐに一生懸命やろう」

そんなふうに、改めて思った次第です。

お金の限界が見えつつある世界で。または文化の時代について

「金が正義」という経済の時代の終わりが本格的に見えてきたことによって、ビジネスや広告を主軸に働く人でさえも、「文化の時代」を意識し始めた。 文化とは“人の心の集積”である。「人の心」とは、愛、美意識、信念、矜持、

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。 もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には分かってもらえると思うが、彼らの楽曲はあまりに難解で複雑だ。