LCCの非常口席2〜シートベルトを必ず締めてねタイム〜

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

先日のエントリに対してコメントいただきました。

僕が乗ったのはというかここで書いているのはバニラエアなんですけど、やはり荷物を置けませんでした。僕が飛行機飛んでるときにやりたいのはせいぜい「読書」か「Macで文章書く」のふたつです。

で、非常口席だと荷物を持っていてはいけないから、「えっ、読書すらできないの?」って思う方がいるかもしれませんが、少なくともバニラエアでは大丈夫です。

離陸のときと、着陸のとき「シートベルトを必ず締めてねタイム」があるじゃないですか? あのときは、荷物を必ず仕舞う必要があります。でもその他の時間は、パソコンを出してきて作業をしてもよいし、本を読んでもオッケーです。なんなら「シートベルトを必ず締めてねタイム」でも手元におさまるスマホの操作は可能。

これってなんらかの制限になりますか……?

ほぼすべての時間で「普通席とまったく同じことができる」としか解釈できない……。

少なくとも、ほぼ満席な中、12席中6席も空席になる(しかも席は広いのよ)ような制約には思えない。

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて