頭の中で文章をどうやって読むか

くいしん

WRITER

くいしん twitter.com/Quishin

僕の感覚では「文章を読む」というのは、ツイートもウェブ記事もどんな雑誌も書籍もあらゆる文章において、頭の中で文字や単語をひとつずつ頭の中で意味付けしながら音読しているような感じ。

でも、どうやらそれは一般的ではないらしい。(こっちのほうが少数派?)

いろいろ人に話を聞いていると、「一気に文字列が入ってくる」とか「数行同時に読んでる」とか、言葉で言うのが難しいけど、音読してる感じじゃなくて頭の中で記号を処理しているような感覚の人が多いことがわかった。

これを「なんの話」としたらいいんだろうか。まずそれがわからない。

これについて書いた本とか読みたいけど、これを「なんの話」と呼ぶべきかわからない。

わかる方がいたら教えて欲しい。

志村正彦を愛した皆様へ

あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。 僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。 正直に言うと毎年この季節になると、志村について

185,000字で書く、andymoriのすべて(1/6)

(初出:2014年10月)     アンディモリの原稿を書かせてもらうことにした。もともと、アンディモリについてはいつか書きたいと思ってはいたのだ。けれど、彼らの作品に触れたことがある人には

「QED」立ち上げました

noteを書きました。 人も募集しています。 ぜひ、note読んでみてほしいです。 よろしくお願いします。 編集チームを旗揚げしました!!!! 「QED」という名前です。 自分にとって「編集」とは何か。 初めて