Archives


第一回喰込雑談

更新日【2011年1月30日】


第二回喰込雑談 路傍

更新日【2011年3月29日】


第二回喰込雑談 路傍

text by Quishin & Kaneko STAFF


金子スタッフ(以下:金子)「いやー、オープンですね、くいしんさん!」

くいしん(以下:Q)「元気だなぁ。元気だし、普段はさん付けじゃないし、お前のが年上だし」

金子「まあまあ、細かいことは気にしなくていいのよ、どうですか?」

Q「どうですか?じゃないよ、ヘタクソ過ぎるだろ、その司会者」

金子「オープン時の説明が必要でしょうよ」

Q「そうなんだよ。本当は、オープン・コメントってのを書くつもりだったんだけど、やめたんだよね」

金子「何故、やめた?」

Q「いや、もう、面倒になっちゃったの」

金子「オープンした瞬間からなかなかヒドい言い草だな、それは」

Q「だってさ、みんなからもらえる原稿読んでたら、ホント、それだけで楽しくなっちゃって」

金子「それはいいことなのかもしれないけど」

Q「そうしたら、もう、説明っていう意味しかないコメントなんて書くの面倒でしょうよ。だから、このコーナーでちょっとそれぞれをコーナーを紹介しようかな、と」

金子「そういうわけで僕が呼ばれたわけですな」

Q「まずは、目玉。ビトリオルっていう女の子3人組のインタヴュー」

金子「これはどういう経緯でやることになったの?」

Q「なんか、彼女たちは10月に2ndミニ・アルバムをリリースするんだけど、それのライナー・ノーツを書いてくれっていうお仕事をいただいたんですわ」

金子「ほう」

Q「それをやるからにはこうやって、きっちりと歴史をなぞりながら、少ないながらもフックアップ……まぁ、始まったばかりのサイトがフックアップもクソもないんだけど、少しでも力を貸せるんだったら、と、思ったの」

金子「で、これが唯一のインタヴュー記事なわけだよね」

Q「さすが、鋭いね。あとは全部連載だからね。この他に3本のインタヴューをすでに取ってるんだけど、11日に間に合わなかったんだよ」

金子「怠惰だなぁ……」

Q「いや、より丁寧に提示したかったっていうことでしょう」

金子「言い訳だけはすかさず言うんだな」

Q「随時、公開していくからいいのよ。その軽さを味方に付けないと、ネットでやってる意味ってないじゃない」

金子「他にはどんな人にインタヴューしてるの?」

Q「タイに住んでる水中カメラマンとか」

金子「何、そのチョイス!?」

Q「なんかね、木の船で世界を一周しようっていうプロジェクトに関わった人なんだけど、なかなか面白い人だったよ」

金子「面白いのかシュールなのか、よくわからないわ。みぽるさんは?」

Q「写真家やってる女性。昔から知り合いなんだけど、なんかいい写真だから、書いてもらおうかなって思った」

金子「田中元くんは?」

Q「ゲーム作ってる人」

金子「情報が少ないな」

Q「音楽が好きで、昔、一緒にクラブ・スヌーザーとか行ってたんだよ」

金子「ふーん、シロップ16gのあとは誰について書くの?」

Q「予定としては、まず、岡村ちゃん。次に、七尾旅人か、平沢進か」

金子「なんか凄いラインナップだなあ。凄い、以外になんて言ったらいいのかよくわからないけど」

Q「うん」

金子「あとは、君の、ほとんど更新しないブログだよね」

Q「まあな」

金子「他に注目すべきところは?」

Q「クイシンコムで最も人気のある『たぬき様の一言』が日替わり」

金子「それは凄いな!(笑)。最も人気のあるコーナーがそれでいいのかっていう気もするけど」

Q「人気投票とかそのうちやりたいよね」

金子「なんか生々しくなりそうだな」

Q「俺のコーナーが最高6位とかだったら嫌だな……やっぱり人気投票は止めておこう」

金子「なかなか弱気だね。1位も1位で、票数が12とかね」

Q「閣下みたいに、10万12票とかいうことにすればいいよ。全体的に盛ればいい」

金子「それにしても、このコーナー、こんなにあっさりしてていいわけ?」

Q「まあ、万年最下位だからね、このコーナーは」

金子「……」