あれから5年が経った。記憶を整理するのに5年という月日はきりがよくてちょうどいい。僕にとってもそれは、悲しみを、悲しみとして告白できるくらいにしてくれる時間であった。正直に言うと毎年この季節になると、志村について文章を書・・・