最近この話をいろいろなところでしていると、「くいしんさんだけが書くメディアなんですか?」って聞かれますが、まったくそんなことなく、むしろ僕はたまにしか書かなくてもよいくらいだと感じています(笑)。