実家に帰るたびに夜空の星がきれいすぎて「おれも年老いて夜空の星に感動するようになっちまったか……」とか思ってたけどそういうことでもない気がする。

絶対、15年前より星多いのよ。

これ、いくつか要因があると思う。

ひとつは、環境問題が取り立たされたことで工場の排気とかの規制が厳しくなって、空気がきれいになった説。

もうひとつは、震災を経て、一時期ほど真夜中にガンガン電気を点けている文化が減ったこと。

どちらがどうなのか、どの程度真実なのか、誰か教えてくれませんか……。