誰かから何かをもらったら、なるべく、お返しをしたい。「なるべく」というのは、それが「何がなんでもやる」になってしまうと、なんだか商売臭いし、色気がないからだ。「お返しをしたい」と考えているとき、人は、その相手のことを思っている。思いやる、の練習としても、お返しは最適だと思います。