自分の、この視点、すごいだろう!なんてことは全然思わず、ただただ、宇多田ヒカルはすごいなあ、という気持ち。