人間を評価するときにどこの軸を評価するかは、人それぞれ違う。

100人いたら、100人の軸があって、似通ったものだとしても微妙に違ったものだと思う。

「人それぞれ違う」ということを、常に受け入れている人間でいたい。