「ずるい人」「(立ち回りが)上手な人」とかではなくて、「純粋な人」が素直に、純粋に、評価されるようになったんだと思います──。

先日、飲み会で上記のようなことを言っていた方がいまして。

いや、本当に深く頷きました。

「ああ、そうだ、まっすぐに一生懸命やろう」

そんなふうに、改めて思った次第です。