会社員vsフリーランスの構図で語られることっていろいろあるけど、今後は、会社員とパラレルキャリアとフリーランスの境目はどんどんなくなっていって、自由な働き方が増えていく。

それを2018年時点で理解して実践しているのがCAMPFIREやサイボウズやWaseiだってだけ。雇用のグラデーションができるということは、多様性を認めて、いろんな性格を持った人が働きやすくなって、生きやすくなる。

(前職のWaseiの代表の)鳥井さんは、リソース50%Waseiに使ってもう半分は好きなことやって、正社員雇用のままでもいいですよって言ってた。

僕の場合は「個人でやってみたい」「経営やってみたい」が中心にあったから、独立を選んだけど、その選択肢を2017年の時点で提示できる会社というのは、これからの時代間違いなく強い。