Pocket

先日、サウナへ行くと、おじさんが鍵をなくしたらしく、店員さんに訴えていた。

「わたしはロッカーの鍵をなくしてしまった。ペナルティがあるはずだ。ペナルティがあるだろう?」

おじさんはロッカーの鍵をなくしてしまったため、お金を払って解決したい様子だった。

しかし、店員さんはこう言う。

「いえいえ、ペナルティは結構です。鍵はほとんどの場合、あとで出てきますので。今日のところは、お支払いをしていただく必要はございません」

なぜかおじさんは納得がいかない様子だった。

「ペナルティ、ないのか。ペナルティがあれば払うのだが。ないのであれば、致し方ない……」

おじさんは少しさみしそうな顔をして帰っていった。

なぜおじさんはお金を払いたかったのだろうか。

サウナに申し訳ない気持ちだったのだろうか。

わからない。